スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県 橋立港

ゴルフブログなのに食べ物ばかりのUPですみません。
これで金沢旅行の最終回!


3日目の朝、朝食は昨晩同様、部屋で取りました。

CIMG2371.jpg
私は洋食、Nちゃんは和食をチョイス。

チェックアウトは11時、それまでのんびりと二度寝などしながら過ごしました。

チェックアウト後は加賀温泉駅まで宿の車で送ってもらい、
駅のコイン・ロッカーに荷物を預けた後、タクシーで向かった先は「橋立港」

ここのズワイ蟹はブランド蟹としても有名らしいです。

昨日から腹十分目まで食べ続けたので「もう食べない」って言うかと思ったNちゃん、
「最後だし食べるっきゃないっしょ!」

橋立港の町は思っていたよりも小規模な町で、
蟹を食べさせる料理屋も点在する程度でした。

しんとく
我々が向かったのは色々なブログで評判の良かった「割鮮 しんとく」さん。

CIMG2378.jpg

お昼時と言う事でかなり混んでいて諦めかけたのですが、
折角ここまで来たのだからと言うことで、食材を選びながら待つ事40分。
思っていたより早く順番が回って来ました。

選んだのは活きズワイ蟹、ノド黒、バイ貝。
調理方法は何通りからか選べますが、

CIMG2384.jpg  CIMG2406.jpg
蟹は茹で蟹に(半分焼き蟹+半身を刺身もあり)半分茹蟹は出来ません。
竹細工の蟹の箸置きはレジで販売してました。

CIMG2388.jpg  CIMG2400.jpg
ノド黒は半身を刺身、半身を塩焼きに。

CIMG2389.jpg  CIMG2396.jpg
バイ貝は半分刺身、半分煮付けにしてもらいました。

いやいや~これで最後かと思うと勿体なくて、
蟹の足の先までほじって食べました。
やはり活き蟹の茹でたては格別に美味いです。

帰りの飛行機までの空き時間、お土産を買いたいと言うNちゃんのリクエストで、
再び金沢駅に戻り、タクシーで東茶屋街へと移動。

CIMG2437.jpg  CIMG2429.jpg
何やら良く分からない物を物色する奥方に付き合うのもたいへんです。

CIMG2436.jpg
金箔雑貨の店で見つけたこんなゴルフボール、
お土産に買って帰ってもきっと使わない気がしてやめました。

CIMG2460.jpg
く~ず~き~り~!! 黒蜜の上には金箔が・・・、無くてもいいのだが

楽しかった金沢での3日間はあっという間に過ぎました。
以前に訪れた時はツアーで行先と時間が限られていましたが、
今回は全て自由に廻れたため十分に楽しむ事が出来ました。
この間使用したタクシーは計12回、16,400円の出費でした。
今度はレンタカーを借りて広範囲に足を伸ばすのもいいかもしれません。

京都・大阪・神戸・福岡など色々な都市の街遊びをしてきましたが、
ここ金沢も大好きな街の一つに加わりました。

2年後には新幹線も金沢駅まで伸びる予定だそうで、
その時にはまた訪れてみたいな。


倦怠期夫婦、応援ポチッ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

金沢

誰か~!
更新しないでスポンサー・サイト消す方法知りませんかぁ~~~

到着地の空港は霧のため視界不良。
空港上空で旋回すること一時間以上。
2回の着陸挑戦は着陸寸前にエンジン全開&機首を大きく上に向け直しました。
「次の試みで着陸出来ない場合、本機は羽田に戻ります」と機長からのアナウンスが・・・。

3度目のトライ、祈るような気持ちで窓の外を眺めていると、雲の合間からうっすらと街並みが見え始め、
やがて道行く車や人が大きくなり、「ドシン」と言う大きなショックとともに着陸成功!

「エンジン出力上げるなよ」「機首をあげるなよ」と祈っていた乗客全員、拍手喝采でした。
一時間飛んでここまで来て、一時間上空で待機して、一時間掛けて出発地に帰るなんて・・、勘弁してよ~ですよね。

CIMG1975.jpg

着いた所は石川県の小松空港。
2月の連休を利用して、美味しい蟹を食べにやって来ました。

CIMG1978.jpg  CIMG1982.jpg

まずは今夜の宿、金沢駅前の「ホテル日航・金沢」まで空港から高速バスで40分。
まだ12時前ではありましたが部屋が空いていてチェックイン出来ちゃいました、ラッキーです。

到着の遅れでスケジュールが狂い、荷物を置いて直ぐに予約してあった「つる幸」さんに移動。
2階の個室しか空いてなくてお高くついてしまいましたが、料理は絶品でした。

懐石 つる幸の写真
懐石 つる幸 (トリップアドバイザー提供)

CIMG1985.jpg  CIMG1992.jpg
広い和室一部屋貸切で。  鯛?の昆布締めに真子をまぶしたもの

CIMG1994.jpg  CIMG1997.jpg
キャビアがのった??なんとか。トリュフの茶碗蒸しやら、海鼠腸(このわた)&飯蛸などなど。

CIMG2000.jpg  CIMG2008.jpg
海老真薯の雲丹のせ。 お造りはバラエティーに富んでました。

CIMG2015.jpg  CIMG2020.jpg
ビールの後は地元の冷酒逝っちゃいました。  焼き物は今が旬の鰤(のど黒が良かった

CIMG2025.jpg  CIMG2027.jpg
大根の器に鮑などが入った煮物。 せいこ蟹の内子・外子・身の炊き込み御飯(お代わり!!)

CIMG2033.jpg  CIMG2040.jpg
器に見立てたスゥイーティがめっちゃ美味しかったデザート。

美味しい昼食をいただいた後はこれまた予約を入れていた定番観光名所「忍者寺(妙立寺)」へ。
こちらは数人づつガイドさんが付き、寺の中を案内してくれます。
金沢観光には外せないスポットですね。

CIMG2073.jpg  CIMG2045.jpg

CIMG2052.jpg

その後、近くにある西茶屋街を散策し、武家屋敷跡を抜け、これも外せない「近江町市場」へ移動。
地図で見ると近く感じたため歩いてみましたが結構な距離があり、Nちゃんご立腹。
美味しい物をたくさん食べるには少し歩かないとね。

CIMG2079.jpg  CIMG2090a.jpg
  
近江町市場はTVでよく観る光景でしたが、満腹のため食指が進まず、とりあえず偵察偵察。
一サク1,600円と書かれた雲丹、何で買わなかったのだろう?悔やまれます。

CIMG2105.jpg  CIMG2102.jpg

CIMG2100.jpg  CIMG2108.jpg
この時買ったのは「泥鰌の蒲焼」一本百円だけ。この雲丹が心残りで、心残りで・・・。

次の目当ては東茶屋街、ここも古い街並みが残る有名な観光スポットです。
しかし辺りは薄暗くなり、閉まっている店もたくさんありました。
こんなにスケジュールが押してしまったのは、飛行機の遅れと腹ごなしのウォーキングが原因ですかね。

CIMG2110.jpg  CIMG2117.jpg

すっかり暗くなった東茶屋街を後に向かった先は主計町茶屋街。
ここも風情のある町並みで、小洒落た料亭が建ち並ぶスポットです。
本当はここ主計町茶屋街の貴船さんで夕食にしたかったのですが人気店のため予約が取れませんでした。

CIMG2140.jpg  CIMG2141.jpg

やはりオフ・シーズンとはいえ連休の土曜日、どこも予約が取り辛く、
この日の夕食は夜の9時、それまでの時間潰しにナイスな情報をゲットしました。
超定番中の定番「兼六園」で庭園のライト・アップが期間限定で行われていて、入園料無料!
兼六園は何度も来ているので今回はスルーのはずでしたが予定変更、幻想的でいい感じでしたよ。

CIMG2155.jpg  CIMG2154.jpg

一度ホテルにもどり向かった先は片町にある小さなお店「一献」さん。
ここはカウンター席のみのこじんまりした店、予約が取りにくいお店の一つです。

CIMG2158.jpg  CIMG2160.jpg

CIMG2163.jpg  CIMG2167.jpg

CIMG2179.jpg  CIMG2182.jpg
ここでもビールの後は日本酒を冷で。

CIMG2186.jpg  CIMG2190.jpg
お造りはNちゃんの大好きなサヨリと苦手なしめ鯖。しめ鯖は肉厚で最高でした。

CIMG2195.jpg  CIMG2201.jpg
焼き物は待望の「のど黒」これが食べたかった~! ふわふわのつみれ汁はデフォらしいです。

CIMG2202.jpg  CIMG2207.jpg
炊き込みご飯は新牛蒡。 食べきれない分はおにぎりにしてくれます。

CIMG2212.jpg
苺のムースはフレッシュな苺の香りそのままに、金沢らしくプラチナ箔がかかってました。



金沢旅行の初日は1時間のロスタイムが大きく響き、バタバタと通り過ぎただけの観光になってしまいました。



倦怠期夫婦、応援ポチッ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ランカウイ島の夏休み 観光編

広い部屋のバルコニーでのんびりと寛ぐのもいいのですが

CIMG8994.jpg

どうしても僅かな時間を有効に使って、色々な所へ行って見たくなります   

CIMG9062.jpg   CIMG9060.jpg 
そんな時にはやはりレンタカーが便利ですよね
この車はマレーシアの国産ファミリー・カー「Myvi」です
たぶんトヨタのスターレットとか日産マーチ辺りをお手本に製造したのでしょう、内装なんかも日本車そっくり 

ここマレーシアは左側通行、レンタカーも右ハンドルで違和感無く運転できますよ 

CIMG8739.jpg   CIMG8744.jpg
ナイト・マーケットで散々食べた後、当ても無く走っていたらたどり着いた大きな「鷲の像」
ランカウイ島のシンボルらしいです 地元の若者達のデート・スポットみたいです

CIMG8876.jpg   CIMG8874.jpg
島の中西部にある山へと登るロープ・ウェイ  ちゃんと点検してるのか、ちょっと心配
切り立った山の崖を一気に上るとそこは雲の上(たまたま?)
南東部の町クア・タウンまで見渡せました   

CIMG8919.jpg   CIMG8912.jpg
下界との温度差は10度近くあるでしょうか?涼しいです
何処にでもある「落書き」英語・ハングル・中国語・アラビア語、お国の品位が問われますな

CIMG9011.jpg
何処の国に行っても楽しみなのが地元のスーパー・マーケットです
インスタント・ラーメン売り場ですっかり同化してるNちゃん、色々買ってました

CIMG9065.jpg   CIMG9080.jpg
何度も店の前の道を走っていたのに見過ごしていたお土産屋「ピサン」
近海で取れる海鼠を原料にした石鹸やここで染め上げたバティックなどがあります

CIMG9085.jpg   CIMG9113.jpg
お姐さんは日本人、やっぱ日本語がいいわ
大好きな猫の撮影に夢中なNちゃん、を撮影する私

CIMG9210.jpg

てな訳で6泊(機中1泊)7日の夏休みが終わってしまいました

途中、当てが外れたり思い通りにならなかった事もありましたが、まずまず満足の旅行でしたね

まあ仕事のことを考えずのんびりと過ごせたことが何よりでした
(そう言えば珍しく旅行中一度もNちゃんと喧嘩しなかった大人になったな、俺)


そうそう、今回旅行の前にこんなアーミー・ナイフを買って持っていったんですよ
ビクトリノックス
外で果物をむいたり、ワインのコルクを抜いたりと大活躍した「ヴィクトリノックス」、東急ハンズで3,500円くらいだったかな?

なんと、帰りの荷造りでスーツケースにしまい忘れ、X線に通したショルダーから発見されて没収!
現地の税関職員、もっと小さなナイフを見せて「こんな小さいのだって駄目なんだから」って
ニヤニヤ嬉しそうな顔がムカつくぜチクショー

「このショルダーに入れて預け直すから返して」って言ってみたけど却下されました

行きの飛行機ではちゃんとスーツケースに入れて来たのに・・・トホホ

皆さんも飛行機に乗る時は気を付けてくださいね~~



倦怠期夫婦、応援ポチッ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村







テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

ランカウイ島の夏休み 食事編

CIMG8992.jpg


今回はちょっと長いので「お腹一杯」の人はスルーしちゃってくださいね

①イカン・レストラン(ホテル内)

この旅行中、めでたくウン歳の誕生日を迎えたNちゃん
ホテルからの差し入れがありましたよ

CIMG8843.jpg   CIMG8845.jpg
プールから戻ってシャワーを浴びてたら「ピンポ~~ン」  バスローブで「はい、ポーズ!」嬉しいサプライズでした

CIMG8972.jpg   CIMG8973.jpg
こちらは夜のレストラン  フォンダンショコラってやつですか?
パスポートの提示で分かったんでしょうが・・・、やりますなフォーシーズン!!

CIMG8953.jpg   CIMG8955.jpg
アペリティフはモヒート、ちょっと甘味が強すぎかな?   アルコールNGのNちゃんはスイカ・ジュースだったかと・・・

CIMG8958.jpg   CIMG8959.jpg
一番美味しかったのがこの海鮮サラダ、タイ料理のソムタムに似てる  定番のナシ・ゴレン(これも海鮮)

CIMG8962.jpg   CIMG8961.jpg
海鮮BBQのプレート、海老やら魚やら・・・   「もう魚貝はうんざりだぁ」と肉を1品(一人で食べるはめに)

CIMG8964.jpg   CIMG8977.jpg
この旅行で知り合ったSさんご夫妻   男性スタッフは底抜けにフレンドリー!女性スタッフは・・・イスラム?

CIMG8979.jpg
成田の免税店で物欲しそうに眺めていた「アンテプリマ」 私からの誕生日のプレゼントに決定!!


②朝食

5泊中朝食はホテルのビュッフェで済ませました

CIMG8366.jpg   CIMG8370.jpg

CIMG8628.jpg   CIMG9048.jpg

CIMG8373.jpg   CIMG9051.jpg

セミオープンなテラス席、毎朝違う嗜好を凝らしたフレッシュ・ジュースが運ばれてきます

料理は隣接する部屋に各自取りに行きますが、何故か写真が撮り辛くて・・・、写真なし

有る物は基本的には毎日ほぼ同じ料理で、カレーの具が変わったり、
ミー・ゴレン(焼そば)の麺が変わったり、卵料理が変わる程度

フルーツは豊富にあって、その場でカットしてくれ、そのまま食べたりジューサーにかけてくれたりします

嬉しいのはスパークリング・ワインが置いてあること!
初日は見逃してしまいましたが、2日目からは毎日「朝シャン」しちゃいました

一日の始まりで色々な物を食べたくなるのですが、外に行きたい店がたくさん有るので我慢我慢!


③オーキッド リア (パンタイ チェナン)

旅行記をリサーチすると必ずと言って良いほど登場するのがこの店です

中華料理を程よくマレーシア風にアレンジした海鮮料理はコスパも良くて大人気

CIMG8564.jpg   CIMG8568.jpg
店の前に生簀と氷に埋まった魚介が並び、自分で選んで調理法を決定、気分が盛り上がります

CIMG8575.jpg   CIMG8578.jpg
定番ではありますが「蟹の身入り鱶鰭スープ」と一番人気の「タイガー・プラウンのバター揚げ」

CIMG8581.jpg   CIMG8585.jpg
「ミー・ゴレン(上海焼そば風?)」と「野菜と海鮮の炒め物」

CIMG8588.jpg   CIMG8590.jpg
「空芯菜いため」と「牡蠣のオムレツ」

まだまだ頼みたい料理がたくさんあるのですが、お腹にスペースが足りなくて・・・

実は最初はもっと料理を注文したんですが「食べきれないかもね?」と
お店の人がアドバイスしてくれました。この国の人はみんな親切です


④ワンダーランド フードストア (クア タウン)

前記のオーキッドリアに比べるとかなり庶民的な店

川沿いに同じような店構えが並ぶ中、ここが一番賑わってました

CIMG8701.jpg   CIMG8708.jpg
椅子もテーブルもチープですが安くて美味しければOK  シンプルな野菜いため、ほのかな甘味がGOOD

CIMG8718.jpg   CIMG8712.jpg
またまたタイガープラウン 蒸し物と焼き物。最初2匹づつ注文しましたが、
ぐっさん似の店員さんが「大きいから1匹づつで」と言うので従ったら小っさかったぁ

CIMG8715.jpg   CIMG8706.jpg
鯛の焼き物は海老と同じBBQソースが掛かってたぁ ナシ・ゴレン(焼き飯)はホテルの物より美味ぃ


⑤ロスタリア (パンタイ テンガー)

日本で下調べしてる時には「3時ごろお腹が空いたら・・・」なんて思ってました

でも全然お腹へらないんですよねぇ

それでもせっかくだからと、時間を見つけて行ったイタリアンのお店

CIMG8934.jpg   CIMG8938.jpg
昼間っからワイン、たまらん! ピザは水牛のモッツァレラを使ったマルゲリータ

CIMG8941.jpg
ピザ一枚のために立ち寄った店  パリパリで小麦の味がしっかりの生地は最高です


⑥屋台

ここランカウイ島では毎日何処かでナイトマーケットが開かれています

日本で言う「縁日」のようなもので、曜日ごとに開催地が決まっています

「何故いつもお腹が一杯?」実はナイトマーケットで鱈腹食べちゃうからなんですよねぇ

普通の店と違って商品がメッチャ安い

だいたい1品が1~5リンギット位、日本円で27円~135円、殆んどが50円位ですかね

夕方4時過ぎからボチボチ始まり、9時位?まで賑わってます

CIMG8542.jpg   CIMG8544.jpg
明るいうちに物色、物色。 揚げたて、焼きたてはこの時間が狙い目です

CIMG8599.jpg   CIMG8601.jpg
練り物屋のお姉ちゃんはカメラを向けたら下向いちゃった   鮮魚もあるでよ

CIMG8606.jpg   CIMG8611.jpg
今川焼き風のおやつ、ココナッツ風味が美味しかった(らしい)  果物も安いよ~、マンゴスチンが小っさ!

CIMG9023.jpg   CIMG9028.jpg
お弁当風のなにか、よく分からん    串焼きは殆んどが鶏肉、因みに豚肉は食べません、ここの国

CIMG9031.jpg   CIMG9032.jpg
ういろう?羊羹?ケーキ?色付けが怖くて敬遠  鶏の唐揚げ屋さん、揚げたてが最高!

CIMG9045.jpg   CIMG9046.jpg
鶏の唐揚げ屋の比率高し   海老ぃ~~と思い良く見たら練り物だった

CIMG8615.jpg   CIMG9017.jpg
玉蜀黍もあっちこっちに、甘くしてあります   焼き飯や焼そばもテイクアウトOK!

CIMG9020.jpg   CIMG9022.jpg
汁そばだってビニール袋に詰めてお持ち帰り   もちろんカレーも有りました!!


⑦店名不明 (パダン マシラッ)

CIMG9133.jpg   CIMG9136.jpg
ドライブ中に見掛けて飛び込んだ「超~~ローカルなおそば屋さん」 米粉の麺と独特なスープでまた食べたい味でした
トイレに借りようとして言葉が通じず、おしっこするジェスチャーをしたらお姐さんったら大ウケ!
打ち解けたところで写真を撮らせてもらいました


やはり旅の楽しみはその土地の美味しい料理をいただくことですよね~

とにかく食いしん坊な我ら夫婦、旅行前のリサーチは万全・・・、だったはずですが
店の開店時間が違っていたり、お腹が空かなかったり、と
思い描いていた程には食べ倒すことが出来ずに、ちょっと心残りが

こちらの方でもリベンジが必要かなぁ~




倦怠期夫婦、応援ポチッ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村








テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

ランカウイ島の夏休み ゴルフ編

島での2日目「グヌンラヤ ゴルフクラブ」でラウンドです

今回の旅行は旅行会社のパッケージ・ツアー
ゴルフはオプションで予約してもらうと送迎込み18ホールで約¥10,000/人 ですって
ここはキャディー無しのセルフ、平日なので日本よりお高い料金設定
それならってことで、不安でしたが現地で直接Bookingすることにしました

CIMG8637.jpg

プレーする日の前日、レンタカーで島内散策
現地の下見も兼ねて直接フロントに出向き翌日のプレーを予約
どう見てもゴルフ場はがらがら、「お好きな時間にどうぞ」って感じです

明朝10時に予約を入れて、2人で486リンギット
1リンギット = 27円 で両替したので約\6,500/人でOK
日本から予約するより\3,500も安かった
(それでも日本の平日料金並ですけどね)

CIMG8526.jpg
建物の入り口左側が受付、右側がプロショップ?
(2世代位前のキャロウェイやテーラーメイドのフルセットが約4,000円で借りられます、高っ!)



翌日9時半過ぎにゴルフ場に到着、ガイドブックには完全セルフとなっていましたが、
スタッフのおにいちゃんがキャディーバッグをカートに積んでくれました
入り口のチケット売場のような受付で前金を払うと、
カートのキーとスコアカードを渡してくれて「いつでもOK」
「今日はOUTはぬかってるから、10番からがいいよ」ってことで、

10番ロングからのスタートです  
ちなみに打っ放しの練習場や練習グリーンはありませんでした

CIMG8633.jpg   CIMG8662.jpg
カートはレスポンスがいいですよ~、びゅんびゅん走ります

CIMG8678.jpg   CIMG8682.jpg

ティーグラウンドとフェアウェイは良く手入れされていて、かなりいい感じでした
しかしグリーンがいけません!
(パット数が多いものきっとグリーンのせい?)

やはり南国、グリーン用の上質の芝が育たないのか、
利根川の河川敷ゴルフ場の方がまだましなくらいのグリーンです
目がきつくて密度が粗なのでポコポコ跳ねながら転がります

CIMG8647.jpg   CIMG8643.jpg
(右端のおじさん、付かず離れず付いて来て、何を見張っているのやら・・・、後半近付いてきて「ボール買わない?」って)

コースはカート乗入れOK
前のホールのグリーン脇から次ティーグラウンドまで舗装道路があって、それ以外はどこ走ってもOKです
グリーン周りはロープが張ってあり、巧くカート道に誘導されるようになってました

CIMG8674.jpg
(建物を通り抜けた処にあるテラス、ハーフターンで休憩します  ソフトドリンクのみ)

で、ここまで一言も書きませんでしたが とにかく暑い!! 』
暑さに弱いNちゃん、滝汗かきながら無言のゴルフ

前半戦はトリプル:1、ダボ:3、ボギー:4、パー:1 49(20) あちゃ~~!

ハーフ終了後、かき氷やパフェを期待するほうが野暮な話で、
ゲーダレードを1本づつ飲んで後半戦に突入

ドライバーは良かったんですよ、ドライバーは!
ボールを売り付けようと付いてきたおっちゃんも諦めて帰って行った程ですから
ここでも課題はアプとパット、日本と全く変わりません
プラスこの茹だる様な暑さと、前後左右誰も居ない緊張感の無さ
良いスコアなんか出るわけ無い!
って、ハイ!言い訳です、言い訳

後半はダボ:3、ボギー:5、パ-:1 47(20) 挽回ならず~~~!

Nちゃんもバテバテでボロボロのラウンドで
後半は口を開けば「後何ホール?」「死んじゃう、死んじゃう」って

この暑さの中、ラウンドしている人は殆んど無く前後半通して見掛けたのは2組だけ
このゴルフ場の経営は大丈夫?って心配になっちゃいます

・・・で、思ったんですよね~

8時間も飛行機に乗ってここまで来て、
お値段は日本並み、ティーオフしてコースに入れば景色も日本のゴルフ場と殆んど変わらず
異国の人と交わるでも無ければ、爽快な気候でリフレッシュ出来るでもないし
グリーンはボコボコのザラザラ、カップインの音だって「ポコン」って味気ないし
(このブログの絵ヅラだっていつものとちっとも変わってねぇし

「これだったら千葉のゴルフ場の方が全然いいじゃ~~ん!」
「なんか時間がもったいなぁ~~い!」

ってな訳で、本当は2~3回のラウンドを想定して重いキャディーバグを持って来たんですが
結局この日の1ラウンドでゴルフは止めてしまいました

「本当のゴルフ好きじゃねぇ~な、こいつら!」って思ったかな??

そうそう思い出しました
マレーシアのゴルフならではの注意事項がありましたよ

残りの距離の表示なんですが、日本と同じようにホール途中の脇に杭が立っていて、
「100」「150」の数字が書いてあるんですけど、これが『メートル表示』なんですよね
もちろんスコアカードの距離もメートル表示  これが案外ピンとこなくて・・・。

「いつもより1番手大きいので打てばいいか」って適当にやってたら全然距離感が合わない
ちゃんとヤードに換算して「強め」「弱め」を意識して打たないと寄せるどころかオンも出来ませんでした
マレーシアでゴルフをとお考えの方、ご参考まで


ランカウイ島にはここ「グヌンラヤ・ゴルフリゾート」のほか2つのゴルフ場があります
「ザ・ゴルフクラブ・ダタイベイ」= トーナメントも開催される名門コース
「99ゴルフクラブ」= 地元の人も気軽に楽しむお手軽コース

本来はダタイベイでラウンドしたくてこの旅行を計画したのですが
現在ダタイベイのコースは改修工事中で再開は来年の4月とのことです
やむを得ずフォーシーズンズとここのゴルフ場をチョイスしたのでした


ってことは何か?来年の夏は「ダタイベイ」でリベンジかぁ?


倦怠期夫婦、応援ポチッ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

CLS

Author:CLS
夫婦揃って屁っぴりゴルファー。ゴルフよりも温泉大好き奥様「Nちゃん」をパーリーゲイツのウェアを餌にゴルフ虎の穴に引きずり込んで、いつまでたっても上達しない練習に、2人して明け暮れる。
月に一度のラウンドはたいてい2サム。とても他人様を道連れには出来ません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセス
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
このブログの陰の管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。